忍者ブログ

店長日記

更新履歴や近況報告

2017'06.24.Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013'05.07.Tue
なんかもう……勢いで、どこまでも……明日激務の予想ですが……もう現実逃避で。へへ。

歌のうまい男ってどうなんでしょうね。
やっぱりキュンとするのかしら(※ただしイケメンに限る)
……は! 真実が見えた!!

最早読み物でもないという。
ダイアローグに近くなってきたなぁ。遠い目。

聞いたことのない歌をBGMに、洗い物も終わり、魚の下ごしらえも終わった所で、私は手をぱちぱちと叩いた。

「本当に上手だね、シュラクさん」
「み、水をもらっても、いいですか……」
「どうぞどうぞ。後ね、この豆の処理をするの。その最中も、お願いね」
「まだ歌うんですか!」
「だって、シュラクさん、お手伝いしてくれない……」

しゅん、と俯きエプロンを掴む。
すると、彼はボウルに入った大漁の豆を一房掴むと、きっとこちらを向いた。

「教えて下さい」
「スジ取りも知らないの?」
「教えて頂ければ!」
「はい、ここ持って。ちょっと折って、それで、引く。ぴーっと」
「へぇ……こういうことを、するんですね」
「料理はひと手間するかしないかで、仕上がりが全然違うんだから」

そう言いながら、私は慣れた手付きでぽいぽいとスジ取りを進める。
彼は、本当にしたことがないのか、たどたどしい手付きで手伝いをしてくれた。
もう、倍以上も処理の数が違う。これなら兄の方が、まだ早そうだ。
きっと、兄よりも少し年下。でも、私よりもきっと年上。
不思議な人。整った造りの顔を歪めながら、必死で豆のスジ取りをしてる。
ふ、と笑うと私が声をかけた。

「シュラクさん」
「はい」
「最初に歌ってくれたのが、一番好き。なんて歌だってたの?」
「string of life」
「す、すと?」

咄嗟に彼の口から出た単語を追おうとしたが、よく聞き取れなかった。
ずっと作業をしていた手が止まり、視線が虚空を泳いでいると、目の前に座る彼が笑う。

「旧言語の一つです」
「私には意味は解らないな……でも、キレイな歌だった」
「でも、悲しい歌ですよ」
「そうなの?」
「『あなたがいなければ、私は生きていたのに』」
「えぇ!?」
「『私がいなければ、あなたは生きていたのに』」
「えぇー!?」
「そういう詩ですよ。悲恋の歌、なんでしょうね」

私のボウルは空になり、まだ半分も減っていない彼のボウルに手を伸ばす。
わしっと掴むと、「え、もう!?」と驚いた声を出していた。

「シュラクさん」
「はい」
「これからどうするんですか」
「ん~……実は、予定がありません」
「でも、一人でこんな所に居るなんて……シュラクさんはハンター?」
「まさか」

彼が笑う。しかし、それは今まで見せていた笑顔とは少し違う。
視線を落としたまま、どこか馬鹿にしたように、笑う。



「ギルドの世話には、死んでもなりませんよ」



どこか人を寄せ付けないその笑顔に、私は口をつぐんでしまった。
相変わらず私の仕事は早く、もう空になってしまった。
まだちょっと残っている彼の豆を取ると、ちゃっちゃと処理をしてしまう。
取ったスジをまとめて袋へ捨てると、彼をシンクに呼び二人で手を洗った。

「ユウリィさん」
「はい」
「お手伝いさせてくれて、ありがとうございました」
「こちらこそ、歌ってお手伝いしてくれて、ありがとうございました」

二人で顔を見合わせて、笑う。
あぁ、これは、怖くない。
すると、やはり不思議なことが起こる。彼の肩で、「何か」が動いた。
さっきから、視界の端にちらちらと入る「何か」。何度か見かける内に、緑色がうっすらと見える。
私が視界を泳がすと、彼が笑いながらこちらを見た。

「ユウリィさん」
「はい?」
「何か、ありますか?」
「解らない……けど、何か、あるような気がする」
「そうですか」

彼がキッチンを出ようとする。
それを追うように、緑色が動く。
そうか、アレは、彼の周りを、飛んでいる?

「シュラクさん」
「はい?」
「あの、シュラクさんの、周り」
「ユウリィさん」

言葉を遮られる。
笑顔で。
あの時と同じだ。人を寄せ付けない方の、笑顔だ。

「お話しできません」

人差し指を唇にあてる。
ひみつだと、彼が笑った。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83
«  BackHOME : Next »
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析

店長日記 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]